犬猫/ペットに特化した安全性の高い消臭・除菌スプレー「ジーミスト」 - 感染症予防と対策 - 目やに・鼻水・咳・くしゃみなどに、ぜひご利用ください

購入先はこちら
025-201-7441 受付時間:10:00〜19:00(土日祝日除く)
menu close

犬猫コラム

犬猫コラム

猫のマイクロチップって?

猫のマイクロチップって? 猫ちゃんの体に入れるマイクロチップは、直径2mm、長さ約8〜12mmの円筒形の電子標識器具です。 それぞれのチップには、固有の15桁の数字(番号)が記録されていて、この番号を専用のリーダー(読取器)で読み取って、個体識別(身分証明)をすることができます。 ヨーロッパやアメリカをはじめ、世界中で広く使われており、海外へ連れて行く時には、マイクロチップが埋め...

続きを見る

猫も風邪をひくの?

猫も風邪をひくの? 人間が風邪をひくと、くしゃみや鼻水が出るように、猫も同じような症状の猫風邪(猫の上部気道感染症)にかかります。 猫風邪を引き起こす原因となるウイルスは、「ヘルペスウイルス」、「カリシウイルス」、「クラミジア」の3種類。 母猫からの移行抗体がなくなる生後2〜3か月頃の子猫によく見られ、ウイルスの種類によって少しずつ症状が異なります。   主な症...

続きを見る

猫の錠剤の飲ませ方!上手に飲ませるコツは?

猫の錠剤の飲ませ方!上手に飲ませるコツは? 猫ちゃんに錠剤を飲ませる時は、まず座らせて、利き手と反対の手で猫ちゃんの頬骨を持って頭を上に向けます。 この時、鼻が75度ぐらいの角度になるまで顔を上げるのがコツです。 45度ぐらいだと、飲み込んでもらえない確率が高くなるので注意しましょう。 次に、利き手の親指と人差し指で薬を持ち、薬を持ったまま、中指で猫ちゃんの下の切歯(前歯)...

続きを見る

猫の呼吸数はどのくらい?

猫の呼吸数はどのくらい? 猫の正常な呼吸数は、1分間で20〜30回くらいです。 猫の呼吸数は、横になっている時のお腹の上下動を見れば簡単に計ることができます。 運動の直後や、レム睡眠(浅い眠り)の時には、呼吸がやや乱れることがありますので、穏やかに眠っている時や、ぼんやりと休んでいる時に観察してみるのが良いでしょう。 お腹の上下動がはっきりしない場合には、寝ている猫ちゃんの...

続きを見る

猫が生のイカ・タコを食べてはダメなのはどうして?

猫が生のイカ・タコを食べてはダメなのはどうして? 猫にイカやタコを生のまま与えるのは危険です。 イカやタコに多く含まれるチアミナーゼという物質がビタミンB1(チアミン)を壊してしまうため、過剰に摂取すると「ビタミンB1欠乏症」になる可能性があるからです。 猫はビタミンB1を人間よりも多く必要とすると言われています。 ビタミンB1が欠乏すると、初期症状として、軽い食欲低下や吐...

続きを見る

猫の爪とぎ用具を交換する時の注意点は?

猫の爪とぎ用具を交換する時の注意点は? 猫が爪とぎをする理由には、古くなった爪の最外層をはがし、常に新しくて鋭敏な爪にしておくことのほかに、肉球にある「臭腺(しゅうせん)」から分泌されるフェロモンをこすりつけて、においによるマーキングを行っているということがあります。 においをつけて、ここは自分の縄張りだぞと主張しているわけですね。 ですから、猫ちゃんがお気に入りの爪とぎを交換す...

続きを見る

猫がネギ類を食べてはダメなのはどうして?

猫がネギ類を食べてはダメなのはどうして? 猫はネギ類(ユリ科ネギ属)を摂取することによって中毒を起こすことがあります。 これは、ネギ類に含まれるアリルプロピルジスルフィドなどの成分が、赤血球を破壊することによって「溶血性貧血」を起こしたり、赤血球の色素が腎臓を破壊し、「急性腎障害」を引き起こしたりするためです。   ネギ中毒を起こすと、血色尿が出る、元気がなくなる、下...

続きを見る

猫の歯は何本あるでしょう??

猫の歯は何本あるでしょう?? 成猫の永久歯は、なんと上が16本、下が14本で、合計:30本もあります! 猫の乳歯は上は14本、下が12本の26本です。乳歯は生後3ヶ月〜6ヶ月ぐらいまでに永久歯に生え変わります。   永久歯の種類は大きく分けて3つ。 人間の前歯にあたる門歯(切歯)が上下に6本ずつ、大きくて鋭い犬歯(キバ)が上下に2本ずつ、そして左右の臼歯が上...

続きを見る
各種お問い合わせはこちら 075-353-3711 受付時間:10:00〜19:00(土日・祝日除く)
メールでのお問い合わせはこちら