犬猫/ペットに特化した安全性の高い消臭・除菌スプレー「ジーミスト」 - 感染症予防と対策 - 目やに・鼻水・咳・くしゃみなどに、ぜひご利用ください

購入先はこちら
025-201-7441 受付時間:10:00〜19:00(土日祝日除く)
menu close

犬猫コラム

狂犬病ワクチン注射って必要なの?

狂犬病ワクチン注射って必要なの?

狂犬病は、狂犬病ウイルスに感染することで発症する病気です。

人をはじめとするすべての哺乳動物に感染し、発症するとほぼ100%の確率で死に至る恐ろしい病気です。

日本では狂犬病予防法により、犬の飼い主には毎年1回のワクチン接種が義務付けられており、国内では1957年を最後に感染例はありません。

しかしながら、現代においても、先進国を含む世界のほとんどの国において、狂犬病ウイルスを持った動物が存在しており、1970年にネパールで1例、2006年にフィリピンで2例、日本人が現地で感染し、帰国後に発病・死亡しています。

狂犬病ウイルス自体は感染力が弱く、万が一手に付着しても石鹸できれいに洗えば死んでしまいますので、動物に噛まれなければ感染・発症するリスクは低いとされています。

しかし、噛まれた部位から神経系にウイルスが侵入すると、1日に数ミリから数十ミリのスピードで脳に向かって進むと言われており、発症すると致命的となります。

万が一の際に備えて、ワンちゃんの飼い主の方は、必ず予防接種を受けさせるようにしましょう。

LINEで送る
Pocket

各種お問い合わせはこちら 075-353-3711 受付時間:10:00〜19:00(土日・祝日除く)
メールでのお問い合わせはこちら