目やに・涙が出ている(犬)


目やに・涙が出ている(犬)

目やに・涙が出ている(犬)

黒や茶色の目やには、基本的には病気などを心配する必要はありません。
自然と分泌される涙に、多少の老廃物や汚れ、タンパク質などが混ざり合うことでこういった色になります。
ただし、そのままにしてしまうと涙やけの原因になったり、ニオイの元になるのでこまめに拭きとるようにしましょう。

原因は?

目やにが出る原因(犬)

犬の目やには、生理的なものである場合と、病気が原因である場合があります。
目やにの色や量や形状、目の状態によって判別することができます。

正常・異常の見分け方

正常な目やには、「黒色か茶色をした、乾いた目やに」または「白色か灰色をした、粘性のある目やに」のどちらかです。いずれの場合も、量は目頭に少量つく程度です。

病気が疑われる、異常な目やには、黄色か緑色、または赤茶色をしていて、膿状に湿っています。
しかし、たとえ形状が正常であったとしても、目の周り全体を覆うほど量が多かったり、普段と比べて極端に増えていたりする場合は、病気の可能性があります。
また、充血しているなど、目に異常が見られる場合も、病気を疑うべきです。

考えられる病気の種類

考えられる病気の種類(犬)

結膜炎
まぶたの裏の粘膜である結膜に炎症が起こる病気です。
細菌やウイルスによる感染のほか、砂などの異物の混入やまつ毛の生え方の異常などによって結膜が刺激されることによって発症することもあります。
症状としては、目やにが出るほか、目の痛みやかゆみがあるために、前足で目をこするなど、目を気にするような動きをするようになります。

角膜炎
犬の目の一番表面にある膜である角膜に炎症が起こる病気です。
シャンプーやまつ毛などが当たることで角膜が傷ついて発症する場合と、犬ジステンパーなどの感染症によって発症する場合があります。
目やにが出るほか、目を気にするようになる、目をしょぼしょぼさせる、光を眩しがるなどの症状があります。
悪化すると角膜に潰瘍を生じてしまうこともあります。

白内障
白内障は目の水晶体が白く濁る病気です。
原因は様々で、外傷や、他の目の病気、また内臓の病気などの影響で発症する場合もあります。
犬の場合、加齢が原因であることが多いです。
代表的な症状は視力の低下であり、進行すると失明することもあります。

緑内障
緑内障は、眼圧が高くなることで視覚に障害が起こる病気です。
他の目の病気によって引き起こされる場合と、遺伝的な原因で発症する場合があります。
瞳孔が開いたままになったり、目が青灰色に見えたりといった症状があらわれます。
また、目に強い痛みを感じて、まぶたを痙攣させたり、元気がなくなったりします。
放置すると失明してしまうので、早急な治療が必要です。

感染症や内臓疾患
その他、ジステンパーなどの感染症や、何らかの内臓疾患が原因で、目やにが出ることがあります。

予防するには?

予防するには?(犬)

目を刺激しない

目に毛が入ってしまうような場合は、カットしておくとよいでしょう。また、シャンプーをするときは、目に入らないように気をつけましょう。
さらに、部屋の埃なども目を傷つける異物となり得るので、部屋の空気を清潔に保つことも有効です。

毎日観察する

毎日、目の状態をよく見てあげることで、目の病気にかかってしまったときもすぐに気付くことができます。

対策は?

異常を感じたら、動物病院へ!

目やにや目の様子を観察してみて、病気かもしれないと感じたら、すぐに動物病院に連れて行きましょう。

ペット用ジーミストをぜひ、お試しください♪ 気になる解決事例も随時更新中です!

ペット用ジーミスト 商品一覧(商品ラインナップ)
ペット用ジーミスト お客様の声