犬猫/ペットの感染症予防と消臭・除菌対策 - 目やに・鼻水・咳・くしゃみなどに、ぜひご利用ください

お問い合わせフォーム
025-201-7441 受付時間:10:00〜19:00(土・日・祝日除く)
menu close

愛犬のお悩みに

耳アカの臭いがする

耳アカの臭いがする

愛犬の耳が臭い! それは耳のトラブルのはじまりかもしれません。

発酵臭が特徴の外耳炎をはじめ、黒い耳垢が出る外耳炎の場合は感染率も高く、お友達や家族の犬にうつります。
早期発見・治療が命!耳の臭いに気がついたら、すぐに対策をとりましょう!

原因は?

耳あかとは、古くなった皮膚片と、耳垢腺から出る分泌物が混ざったもので、殺菌の役割を果たしています。
耳あかが出るのは自然なことなので、普段はとくに気に留める必要はありません。
健康な犬の耳あかは、黄色っぽい色をしていて、粘りがなく、臭いもさほどありません。

しかし、耳あかの量が過度に多かったり、黒ずんだ色や赤茶けた色をしていたり、悪臭がするような場合は、病気にかかっている可能性があります。

考えられる病気の種類

考えられる耳の病気の種類

耳疥癬(みみかいせん)
耳疥癬とは、耳の中にダニが繁殖した状態をいいます。
症状としては、耳の黒ずみや悪臭のほか、耳のかゆみがあげられます。
耳あかを分泌する腺組織が刺激されて耳あかが溜まり、また、ダニに血を吸われるときにできる小さな傷が、かゆみを引き起こします。
愛犬が耳を頻繁にかいていたり、耳周辺に引っかき傷ができていたりするときは注意が必要です。

外耳炎
犬の外耳炎とは、音の通り道でもある外耳道(がいじどう)に炎症が発生した状態のことをいいます。
症状としては、耳あかの悪臭と、やはり耳のかゆみが特徴的です。
細菌、アレルギー、虫や植物の種子などの異物混入などが主な原因です。また、耳疥癬(みみかいせん)がある場合、ダニがつけた傷やダニの排泄物が引き金となって外耳炎に発展することもあります。

対策は?

すでにダニや細菌などが住みついてしまっている場合は、自然治癒することはありませんので、病院に連れて行き、薬を処方してもらいましょう。

予防するには?

予防するには

定期的な耳の手入れ

耳あかを溜めすぎると、ダニにとって住みよい環境となるため、ダニを寄せつけやすくなってしまいます。
定期的に耳の状態をチェックしてあげましょう。
また、もし感染してしまったとしても、定期的に確認していれば早く気づけるため、症状の悪化を食い止めることができます。
ただし、触りすぎるとかえって耳を傷つけてしまいますので、注意が必要です。
綿棒は使わずに、ガーゼを巻いた指で軽く拭ってあげるようにしましょう。

いかがでしたか?
垂れ耳の犬種は特に、通気性が良くないため、外耳炎にかかりやすい傾向にあります。
耳は、音を聴くことだけでなく、平衡感覚をも司っています。
耳の状態が悪化すると、歩くことに支障をきたすこともあります。
定期的にケアしてあげると同時に、異常が見られたときはすぐに動物病院に連れて行くように心がけましょう。

ペット用ジーミストをぜひ、お試しください♪ 気になる解決事例も随時更新中です!

ペット用ジーミスト 商品一覧(商品ラインナップ)
ペット用ジーミスト お客様の声
LINEで送る
Pocket

各種お問い合わせはこちら 025-201-7441 受付時間:10:00〜19:00(土・日・祝日除く)
メールでのお問い合わせはこちら