秒速除菌 – たったの1秒で99.9%の除菌効果を実現

これ1つで安心!ウイルス・菌を1秒除菌!

これ一つで安心!秒速除菌

2,3回の使用で、マラセチア特有の耳垢、臭いがなくなりました

ジーミストがもたらす除菌効果

自然分解して残らないから動物にも人にも安心

主成分の次亜塩素酸水は他社製品の次亜塩素酸水とは一味違います。特許製法で浸透力がアップした次亜塩素酸分子が、今まで届かなかった原因菌にアタック(酸化分解)。強力な除菌力でありながら、反応すると水に戻るため大切なペットに安心してお使いできます。

除菌メカニズム、安全性

ジーミストの除菌メカニズム

遊離有効塩素の存在比

次亜塩素酸ナトリウム(ClO-が大半を占める)は、ClO-が菌やウイルスの細胞膜を透過することができないため、外側からしか攻撃できない。
ジーミスト(HClOが大半を占める)は、HClO が細胞膜を透過するため、細胞の外部と内部の両面から攻撃し損傷を与える。
その結果、次亜塩素酸ナトリウムと比較して、菌やウイルスへの除菌速度および効果は著しく大きくなる。
(HClOが比率が次亜塩素酸ナトリウムの80倍)※アルコールも細胞膜を透過できない ※図2を参照

ジーミストの除菌メカニズム

ジーミストの主成分でもあるHClO(次亜塩素酸)は次亜塩素酸ナトリウムの約80倍の除菌力を持つと言われる理由は、反応速度の違いです。
ジーミストは反応速度が速いので高速で菌やウイルスに反応して素早く分解しますが、次亜塩素酸ナトリウムは反応速度が遅いのでゆっくり反応します。
例をあげると、ジーミストが反応した時のニオイはすぐ消えますが、漂白剤のニオイは長い時間残ります。
これは漂白剤の主成分でもある次亜塩素酸ナトリウムの分解が遅いからなのです。
食品安全委員会が発表している次亜塩素酸水の資料では、急性毒性、遺伝毒性・細胞毒性・刺激性及び感作性ともに問題なし、日本防塵防微学会の資料では空間噴霧時の安全性についても報告されています。
この高い安全性の理由も反応速度の速さが関係しており、ジーミストの主成分であるHClO(次亜塩素酸)が菌やウイルスを素早く除菌・消臭し、素早く分解して残留しない事から、高い除菌・消臭力があるにも関わらず高い安全性も確保されているのです。
ジーミストは反応すると一瞬で水に戻るという根拠はこの部分です。
次亜塩素酸ナトリウムは反応速度が遅いため、菌やウイルスをゆっくり除菌・消臭してゆっくり分解するので成分がなかなか分解せずに残留してしまいます。
次亜塩素酸ナトリウムが目や口に入ると危険なのは、成分がまだ分解してないので残留した成分が組織を傷つけてしまうからです。

Pocket