犬猫/ペットの感染症予防と消臭・除菌対策 - 目やに・鼻水・咳・くしゃみなどに、ぜひご利用ください

お問い合わせフォーム
025-201-7441 受付時間:10:00〜19:00(土・日・祝日除く)
menu close

愛猫のお悩みに

嘔吐した

嘔吐した

猫が嘔吐をすると、飼い主としてはとても心配になりますよね。しかし、猫はとてもよく吐く生き物なのです。
そこで、慌てて病院に駆け込む前にまずは心配する必要のない嘔吐なのか、それとも体に異変が起きているサインなのか、その見分け方を正しく知っておきましょう。
普段から猫を可愛がるだけでなく、冷静な目で観察し、小さな異変も見逃さない。そんな心意気で猫の健康を守っていきましょう。

原因は?

嘔吐する原因は?

早食い

猫は、ごはんを勢い良く食べたあとに吐くことがあります。食べたばかりのものがそのまま吐き出されていて、吐いたあと普段と変わらず元気であれば心配いりません。
猫は通常、少量の餌を複数回食べるのですが、多頭飼いをしている場合は、餌を横取りされないために早食いをすることがあります。

毛玉

猫は、多くの時間を毛繕いに使います。毛繕いで飲み込んだ毛は、毛玉として時々吐き出します。何らかの事情で毛玉をうまく吐き出せないと「毛球症」という病気の原因になってしまうので、毛玉を吐くのは良いことなのです。頻度が多いようであれば、ブラッシングをこまめにしたり、毛玉予防専用のフードを与えたりしてみてください。

考えられる病気

嘔吐によって考えられる病気

嘔吐の種類によって、病気が異なります。

吐いたものに血が混じっている

よく見ないと濁って見分けがつかないので注意が必要です。
潰瘍や腫瘍の可能性大なので、すぐに病院に連れて行きましょう。

今まで吐かなかったのに、何度も吐くようになった

猫がよく吐くと言っても1日に何度も吐くのは異常なんです。
吐いたあと苦しそうにしていたら、中毒や感染症、腸炎の可能性があります。

嘔吐物から便のにおいがする

嘔吐物から便臭がする場合は、「腸閉塞」を起こしている可能性があります。

対策は?

嘔吐の対策

食事における対策

早食いにならないように餌をあげる時に小分けにしてみたり、餌を入れる器を高いところに置く。器の中にボールなど、食べる時に少し邪魔になるようなものを入れる、などです。

毛玉で吐いてしまう対策

とにかくブラッシングをしてあげ、抜ける毛の量をできるだけ少なくしてあげること。
または毛玉対策用の餌に変えてみる、などです。市販のドライフードなどに、毛玉対策などと書かれているものがあります。

いかがでしたか?
動物は本能的に体調不良を隠しがちなので、重大な病気でもすぐにわからないことも多々あります。そんな時こそ、飼い主が頼りになりますので、落ち着いて対処することが大切です。
多く動物を飼っていると、どの猫が吐いたか特定するのも一苦労です。一匹一匹の状況を掴むのも難しいので注意しましょう。少しでも気になる場合は、すぐに動物病院を受診してくださいね。

ペット用ジーミストをぜひ、お試しください♪ 気になる解決事例も随時更新中です!

ペット用ジーミスト 商品一覧(商品ラインナップ)
ペット用ジーミスト お客様の声
LINEで送る
Pocket

各種お問い合わせはこちら 025-201-7441 受付時間:10:00〜19:00(土・日・祝日除く)
メールでのお問い合わせはこちら