犬猫/ペットの感染症予防と消臭・除菌対策 - 目やに・鼻水・咳・くしゃみなどに、ぜひご利用ください

お問い合わせフォーム
025-201-7441 受付時間:10:00〜19:00(土・日・祝日除く)
menu close

愛猫のお悩みに

鼻水・鼻づまりが目立つ(猫)

鼻水・鼻づまりが目立つ

猫の鼻は健康な状態では適度に湿っていますが、異物などの刺激が加わると粘液の分泌が促されて鼻水となり、異物を洗い流す働きがあります。体外に排出できずに鼻粘膜に炎症が起ると、分泌物がたまったり粘膜がむくんだりして鼻がつまります。
鼻水は、暖かい場所から冷たい場所に移動したときなどにも出ることがありますが、一時的でなく連続して出る場合には、なんらかの病気の疑いがあります。
鼻水は透明か膿状か、血液が混ざっているかなど、鼻水の量や色、におい、粘りなどをチェック。
基本的にさらさらした透明な鼻水は初期症状で、進行すると不透明な濁った鼻水→膿や血液が混ざった鼻汁になります。

原因は?

原因は?

暖かい場所から寒い場所に移動したときに、生理的に鼻水が出ることもあります。
そのような場合の鼻水はすぐに治まります。

中には、慢性的な鼻炎に悩まされる猫もいます。鼻炎にかかった猫は、最初はさらさらとした水っぽい鼻水を出しますが、症状が重くなると、膿のような粘ついた鼻水を出すようになります。そうなると、猫は息苦しそうに呼吸をするようになります。

また、くしゃみのように、ほこりなどを対外に出すために鼻水が出る場合もあります。
しかし、鼻水が止まらなかったり、大量に出たりしているときは、病気が原因かもしれないので、注意が必要です。

考えられる病気の種類

猫風邪
くしゃみ、鼻水、発熱などの症状があります。
身体がいつもより熱いと感じたら、猫風邪を疑いましょう。

カリシウイルス感染症
くしゃみ、鼻水、口内炎などの症状があります。肺炎を併発する危険性があります。
予防のためのワクチンがあるので、接種するようにしましょう。

アレルギー
鼻水、かゆみ、湿疹などの症状があります。
食品、ハウスダスト、ダニ、ノミ、金属、プラスチックなど、様々なものが原因でアレルギーは発症します。
生活環境が原因で、後天的にアレルギーになることもあります。

クリプトコッカス症
くしゃみ、粘度の高い鼻水など、鼻炎のような症状が見られることが特徴です。
また、元気がなくなったり、食欲が低下したりすることもあります。
猫のほか、犬や人にも感染することがあります。

気管支炎
咳が出るのが主な症状ですが、同時に鼻水も出ることがあります。
ウイルスや細菌、刺激物などによって、気管支に炎症が起きる病気です。

結膜炎
結膜炎は主に目の病気ですが、ヘルペスウイルスが原因で発症した場合、咳や鼻水など呼吸器系の症状も出ることがあります。

副鼻腔炎
副鼻腔とは、鼻の奥の空洞のことです。ここに炎症が起こると、鼻水やくしゃみなどの症状が出ます。
このときの鼻水は粘性があり、やがて膿や血が混ざるようになります。
重症化すると腫瘍化してしまうので、早期治療が必要です。

対策は?

対策は?

ワクチン接種

カリシウイルス感染症や猫風邪は、予防のためのワクチンがあります。
お医者さんと相談し、ぜひ受けるようにしましょう。

快適な温度・湿度を保つ

冷暖房や加湿器などを利用して、室内の温度・湿度を最適に保つことで、風邪対策にもなりますし、ウイルスの繁殖を防ぎ、合併症を予防することもできます。

鼻を拭いてあげる

慢性的な鼻炎を患っているときは、人間と同じく、完治は難しいことがあります。
そのようなとき私たちにできるのは、猫の鼻をよく拭いてあげることです。
猫は人間のように自分で鼻を拭けないため、人間よりも苦しい思いをしています。
こまめに拭いてあげて、鼻の周りが黒ずんでいたら、濡れたティッシュでふきとってあげましょう。

いかがでしたか?
このように、猫の鼻水にはさまざまな原因があります。
原因を見つけるためには、鼻水以外の症状にも注目することが大切です。
重大な病気の初期症状である場合もありますので、しっかりと観察し、症状がひどいときには、病院に連れて行きましょう。

ペット用ジーミストをぜひ、お試しください♪ 気になる解決事例も随時更新中です!

ペット用ジーミスト 商品一覧(商品ラインナップ)
ペット用ジーミスト お客様の声
LINEで送る
Pocket

各種お問い合わせはこちら 025-201-7441 受付時間:10:00〜19:00(土・日・祝日除く)
メールでのお問い合わせはこちら