犬猫/ペットに特化した安全性の高い消臭・除菌スプレー「ジーミスト」 - 感染症予防と対策 - 目やに・鼻水・咳・くしゃみなどに、ぜひご利用ください

購入先はこちら
025-201-7441 受付時間:10:00〜19:00(土日祝日除く)
menu close

愛猫のお悩みに

くしゃみがとまらない(猫)

くしゃみがとまらない(猫)

「くしゃみ」とは鼻腔内に侵入した異物を取り除こうとして起こる呼吸器系の生理現象です。人間の場合は首を後ろから前に動かしながらくしゃみをしますが、猫の場合は首を左右にひねりながらします。
猫のくしゃみは通常単発で終わりますが、なかなか止まらなかったり、鼻から青っぱなが出ているときは何らかの病気にかかっている疑いがあります。

原因は?

猫にかぎらず、くしゃみとは「鼻の中の異物を排出する行為」です。
猫の場合は、毛づくろいをするために、鼻の中に毛などが入ってしまってくしゃみが出ることが多いようです。
それだけなら問題はないのですが、もし連続してくしゃみをしているとなると、病気にかかっている可能性があります。

考えられる病気の種類

考えられる病気の種類

猫カリシウィルス感染症
発熱・くしゃみ・鼻水・めまい・口内炎などの症状があります。飛沫によって感染します。放置していると肺炎を起こす可能性があります。

猫クラミジア感染症
くしゃみ・鼻水のほか、結膜炎など、粘膜に炎症を起こす症状が出やすいことが特徴です。人にもうつる危険性があります。

クリプトコッカス症
くしゃみ・鼻水・網膜剥離・視神経炎などの症状があります。目に感染が広がると失明する危険性もあります。空気によって感染します。

猫ウィルス性鼻気管炎
くしゃみ・鼻水・咳・結膜炎・角膜炎・目やになどの症状があります。猫ヘルペスウィルスが原因の病気で、「猫インフルエンザ」ともいわれています。免疫力の低い子猫や老猫は、肺炎をも併発する恐れがあります。

その他、鼻炎や何かしらのアレルギーである可能性もあります。

対策は?

お散歩後のケアや対策

ホコリやダニの退治

病原菌はもちろん、ホコリなども猫の天敵です。猫用クッションなどは、こまめに洗って清潔を保ちましょう。また、猫は人と比べて背が低いので、絨毯やフローリングなどからもホコリを吸い込んでしまいます。こちらも清潔を心がけましょう。

ニオイの強いものを遠ざける

例えばたばこの煙や香水など、人間でも臭みを感じることのあるものは、鼻のいい動物にとってはとてもつらい刺激となります。くしゃみを引き起こす要因にもなりますので、猫の近くでは使用しないようにしましょう。

お散歩後のケア

濡れ布巾などで、手や足だけでなく、顔や体も拭いてあげましょう。嫌がられるかもしれませんが、病原菌から守るためには、清潔さを保つことが何より大切です。

ワクチン接種

ワクチン接種で防げる病気もたくさんあります。ちゃんと接種して病気から守りましょう。
また、ウイルスなどを防ぐには空気清浄機などを使用することも有効です。
乾燥時期には加湿器、湿気が多い時期は除湿器などを使用して、人間の風邪予防と同じように気を配ってあげましょう。

ジーミストで解決!ご使用方法

・部屋内にて噴霧器を使いましょう!

・寝床や生活空間にスプレーしましょう!

・お散歩中やお散歩後に、マウスケア用の小さなスプレーを、耳や鼻に吹きかけてあげましょう!

いかがでしたか?
猫のくしゃみは、人間と違って、顔を左右にひねりながら行うので、つばが飛び散ります。
風邪を引いてしまった猫は、さらなる感染を防ぐため、他の猫から隔離したほうがよいでしょう。
また、なかには人間に感染するものもあるので、くしゃみがかかったら手を洗うなどして、飼い主さんもしっかりと予防するようにしましょう。

ペット用ジーミストをぜひ、お試しください♪ 気になる解決事例も随時更新中です!

ペット用ジーミスト 商品一覧(商品ラインナップ)
ペット用ジーミスト お客様の声
LINEで送る
Pocket

各種お問い合わせはこちら 025-201-7441 受付時間:10:00〜19:00(土・日・祝日除く)
メールでのお問い合わせはこちら