犬猫/ペットに特化した安全性の高い消臭・除菌スプレー「ジーミスト」 - 感染症予防と対策 - 目やに・鼻水・咳・くしゃみなどに、ぜひご利用ください

購入先はこちら
025-201-7441 受付時間:10:00〜19:00(土日祝日除く)
menu close

愛猫のお悩みに

目やに・涙目・涙やけがある(猫)

目やに・涙目・涙やけがある

目やにが出ているからといって、すぐに病院に行く必要はありません。
チョコレート色の、乾いた目やには、どんなに元気な猫でも、出るものです。
心配なのは、白っぽい、ネットリした目やに。健康状態が悪化しているサインですね。
目やにを見るポイントはとくに以下の3つがあります。
・色
・両目から出てるか、片目だけか
・痛がっているか

原因は、外傷・感染症、アレルギー性などのことが考えられます。
一緒の時間を、楽しく幸せに過ごせるように、体調管理に気を付けてあげましょう。

猫の目やにの見分け方

目やにの見分け方

目やにとは、涙の中に含まれる粘液に、古くなった目の細胞や空気中のゴミが付着して、それが老廃物として固まったものです。
そのため、寝起きに茶褐色の目やにが少し出る程度であれば、正しく新陳代謝が行われている証拠であり、問題はありません。
しかし、目やにが黄色や緑色、または白色をしていたり、目を覆うほどの大量の目やにが出たり、膿が混じっていたりすると、感染症にかかっている危険性があります。
また、目やにが両目から出ているのか、片目から出ているのかという点からも、原因をある程度見分けることができます。
心配のない目やにと、危険な目やには、どのように見分ければよいのでしょうか。
以下、その見分け方を解説していきます。

1. 両目からか、片目からか

目やにが両目から出ている場合は、細菌やウイルス感染の可能性が高く、片目からのみ出ている場合は、猫同士のケンカなどによる外傷の可能性が高いと考えられます。

2. 目の様子

目やにの状態だけでなく、目そのものの様子にも注意が必要です。痛がって目を閉じてしまうときや、まぶたが腫れているときや、白目が充血しているときなどは、結膜炎などにかかっている可能性があります。

3. 目やにの色

外傷やアレルギーの場合は、透明でさらさらとした涙が出ます。
その場合は、拭き取って、様子をみてあげましょう。時間が経つと治まることもあります。
また、アレルギー性の場合は、殺菌スプレーなどを使用して室内の除菌をすることも効果的です。

目やにが黄色や緑色、または白色をしている場合は、細菌感染が疑われます。
代表的な感染症には、次のようなものがあげられます。

考えられる感染症の種類

猫風邪など考えられる感染症の種類

猫風邪

緑がかった目やに、白い目やにが見られます。
ヘルペスウイルスカリシウイルスなど、さまざまなウイルスが猫風邪の原因となります。
この場合、目やにのほかにも、鼻水やくしゃみといった症状が表れます。

クラミジア感染症

粘ついた、黄色の目やにが出ます。猫クラミジア細菌に感染することで発症します。
クラミジア感染症にかかると、まず片方の目に炎症が起こりますが、外傷の場合と異なるのは、その後、もう片方の目にも炎症が及ぶということです。
鼻水やくしゃみ、咳など、全身に症状が現れます。また、肺炎を併発するおそれもあります。

マイコプラズマ性結膜炎

目やにと一緒に、サラサラとした涙も出ます。目が充血したり、瞼が腫れたりといった症状も出ます。
マイコプラズマ性結膜炎は、猫が肺炎を引き起こす原因として最も多いと言われているため、注意が必要です。
何度も咳をしたり、苦しそうに呼吸をしたりしていたら、すぐにお医者さんに連れて行きましょう。

結膜炎

外傷や、ウイルスによる感染症などが引き金となり発症します。
結膜が充血して赤く腫れます。また、痛みや痒みを伴うため、猫は目を前足でこすろうとします。
ひどいときは、目やにでまぶたがくっついて目が開かなくなることもあります。
角膜炎を併発することもあり、この場合は痛みのために目をしょぼつかせたり、頻繁にこすったりするようになります。

対策は?

ワクチン接種などの対策

こまめに拭いてあげる

目やには放っておくと固まってしまうので、湿らせたコットンなどでこまめに優しく拭いてあげることが大切です。なお、眼球には触れないよう気をつけましょう。
ウェットティッシュでの代用も可能ですが、その場合は、ペット用や赤ちゃん用などの、アルコール成分が入っていないものを選びましょう。

目をこすらせない

目やにが出たとき、猫は不快に感じて、目をこすろうとします。
しかし、角膜を傷つける原因となるので、やめさせましょう。
エリザベスカラーなどの使用も効果的です。

ワクチン接種

猫風邪などの感染症は、ワクチンで予防することができます。
獣医さんとの相談の上、接種することをおすすめします。

早めの受診

ウイルスによる感染が原因の目やには、感染力が強いため、ほかの猫からは隔離する必要があります。
また、結膜炎などを発症する可能性もあるので、一刻も早く早く病院に連れて行ってあげることが必要です。

一口に目やにと言っても、正常な新陳代謝の証である場合と、病気やケガのサインである場合があるので、普段から愛猫の変化を注意深く見てあげることが大切です。
また、目やにを取ってあげようとしても、目はデリケートな部分なので、猫が怖がってしまうことがあります。
リラックスさせながら、優しく慎重におこなうことを心がけましょう。
どうしてもいやがってしまうときは、病院へ連れて行き、プロの方にお願いするという手段もあります。
目は大切な部位です。わずかな病気のサインも見逃さないで、常に清潔に保ってあげましょう。

ペット用ジーミストをぜひ、お試しください♪ 気になる解決事例も随時更新中です!

ペット用ジーミスト 商品一覧(商品ラインナップ)
ペット用ジーミスト お客様の声
LINEで送る
Pocket

各種お問い合わせはこちら 025-201-7441 受付時間:10:00〜19:00(土・日・祝日除く)
メールでのお問い合わせはこちら