下痢・血尿・血便が続いている

下痢・血尿・血便が続いている


下痢・血尿・血便が続いている

下痢・血尿・血便が続いている

下痢は、恐らく猫を飼っている人ならば必ず経験している病気でしょう。
下痢という病気は、便の状態が通常より柔らかくなったり、水や粘液状になってしまうのですが、多くは腸の状態が何らかの異常を起こしたときに起こります。猫が下痢にかかるには様々な原因があります。食餌が原因の単純な下痢から、免疫異常で起こったり腫瘍が原因で起こる複雑な下痢まで様々なので、くれぐれも下痢を簡単な病気と考えずに、勝手に色々な薬や食べ物など与えないよう気を付けましょう。

原因は?

食事

フンに食べたものが未消化で残っているときは、食べ過ぎや食あたりの可能性が高いです。
また、普段食べているえさが体質に合っていないことで、下痢を発症してしまうこともあります。
・添加物の多いキャットフードをよくあげている
・人間の食べ物を多くあげている
・アレルギー体質である

このような場合は、療養食に切り替えるなどの対策をとりましょう。

感染

ウイルスや寄生虫に感染している場合があります。特に多いのは、コクシジウムやネココロナウイルスです。下痢だけでなく、嘔吐、食欲不振、元気がないなどの症状があるときは、感染を疑う必要があります。この場合、自分で対処することは難しいため、すぐに動物病院に連れて行きましょう。

異物の摂取

ビニール袋、紐、ボタンなどの異物を飲み込んだ場合です。
この場合、かなり激しい下痢、嘔吐などの体調不良が見られます。
放っておくと腸閉塞になるので、少しでも疑いがある場合は、早急に動物病院に連れて行きましょう。

内臓疾患

胃や腸がもともと弱い、あるいは高齢で弱くなった場合です。
この場合は、慢性的な下痢になることが多いです。
下痢、または軟便の症状がずっと続いているのであれば、内臓疾患を疑ったほうがよいでしょう。

ストレス

環境の変化や、同居する猫との相性、運動不足などのストレスが原因の場合です。

対策は?

自宅で改善する下痢の原因は、大別すると
「食事」「ストレス」「胃腸が弱っている」
の三つです。
以下、原因別の対策について解説します。

猫の食事

食事

・消化吸収の良いキャットフード(療法食)に変える
食べないときは、好きな食べ物の匂いを付けてあげると食べてくれやすいです。
キャットフードを変える際は、いきなり全部ではなく、少しずつ新しいほうの割合を増やしていくとよいでしょう。

・アレルギーを調べ、見つかったらアレルギーのない食事へと変更する
動物病院で、なにかアレルギーがないか調べてもらうと安心です。
猫は本来肉食なので、穀物アレルギーがあることも多いです。
その場合は、穀物不使用のキャットフードに変更してあげましょう。

・1日絶食させて胃袋を休ませる
食べ過ぎや食あたりの場合に有効です。

猫が遊ぶ

ストレス

・遊んであげる
・1人になれる静かな場所を確保してあげる
・キャットタワー等の運動スペースを作る
・室内環境を快適に保つ

猫にストレスを溜めさせないためには、「安心できる場所を作ってあげること」「構いすぎず、放置しすぎずに、適切な接し方をしてあげること」が大切です。
家の中に、猫が安心して隠れられる場所や、自由に走ったり上ったりできる運動スペースを用意してあげましょう。また、猫が寝ているときなどには構いすぎないであげること、反対に、近寄ってきたときは甘えさせてあげることも大切です。気持ちを慮って、できるだけリラックスして過ごせるよう、工夫してあげましょう。

猫の整腸剤

胃や腸が弱っている

・整腸剤を半分に砕き1日1回エサに混ぜる
・乳酸菌サプリを用法・用量を守り与える

この方法以外にも、例えば、エサを今までは朝にいっぱいあげていたのを2回に分けてあげるなど、身体への負担を減らすよう考えて工夫してあげると改善のペースは上がります。

いかがでしたか?
原因がわかれば、できることが見えてきますね。
とはいえ、もし感染症にかかってしまっていた場合は、一刻も早い治療が必要です。
下痢が一日以上続いているときや、(嘔吐をしたり元気がなくなったりと、)下痢以外の症状も見られるときは、すぐに動物病院を受診するようにしましょう。

ペット用ジーミストをぜひ、お試しください♪ 気になる解決事例も随時更新中です!

ペット用ジーミスト 商品一覧(商品ラインナップ)
ペット用ジーミスト お客様の声