肺水腫

肺水腫

Pocket

肺水腫

肺水腫

猫の肺水腫は、心臓の異常や気管支炎、肺炎などによって肺胞に水が溜まる病気です。
心臓の異常や気管支炎、肺炎などから併発する病気で、咳を繰り返したり、呼吸が浅く苦しそうに、じっと動かないでいるようになります。症状が重くなると、呼吸困難が起こり、咳もひどくなります。進行すると、舌の色が悪くなり(チアノーゼ)、横になって眠れず座ったままの姿勢をとる事が多くなります。水の様な泡状の鼻水が出たり、血液が混じった液体を吐く事もあります。

肺水腫は他の病気の合併症として起こる病気なので、肺水腫だけを直接的に予防する方法はありません。そのため、早期発見・早期治療が何よりも大切です。上記の症状がみられたらすぐに動物病院へ連れていき、心臓に障害がないか検査を受けましょう。

ペット用ジーミストをぜひ、お試しください♪ 気になる解決事例も随時更新中です!

ペット用ジーミスト 商品一覧(商品ラインナップ)
ペット用ジーミスト お客様の声