結膜炎

結膜炎

Pocket

結膜炎

結膜炎

猫の結膜炎とは、眼球の白目からまぶたの裏側を覆っている結膜と呼ばれる膜に炎症が発生した状態です。
結膜にはまぶたの内側を壁紙のように覆っている「眼瞼結膜」¥と、眼球の前方部分を覆っている「眼球結膜」とがあり、そのどちらでも発症する可能性があります。猫の黒目(虹彩)は大きいため、普通に目を開けた状態では結膜の状態を確認することができません。結膜に炎症があるかどうかと確かめるためには、上まぶたを強引に押し上げるか、「あっかんべー」の要領で、下まぶたを強引に押し下げる必要があります。
猫の結膜炎の症状としては以下のようなものが挙げられます。重症化すると、腫れた眼瞼結膜が眼球の周辺からせり出してくるような外観を呈します。
猫の結膜炎の原因としては、主に以下のようなものが考えられます。結膜炎が片方の目にだけ現れている場合は異物などの物理的な刺激、両目に現れている場合はアレルギーや感染症などを疑います。また、予防できそうなものは飼い主の側であらかじめ原因を取り除いておきましょう。

ペット用ジーミストをぜひ、お試しください♪ 気になる解決事例も随時更新中です!

ペット用ジーミスト 商品一覧(商品ラインナップ)
ペット用ジーミスト お客様の声